母との関係

  • 2020.05.21 Thursday
  • 09:46

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

良くなかったんです。

ほんと。

 

ISD個性心理学にであって本当に助かったのは

母へのわだかまりがなくなったこと。

 

「母親像」「妻像」のサンプルって普通一人ですよね。

自分の母親。

 

うまくいかなさそうなのに、

どうしても踏襲してしまう厄介な存在でした。

 

どうも話が通じない。

母の幸福を願い一生懸命話をしても

キレられてしまう。

 

あげく

「あなたはいつも私を否定する」って

私が思ってたことを言われてしまう。

 

理不尽なこともたくさん言われたし、

母が望むことって

私(人間)には無理な欲求じゃない?って思うことも

よくありました。

 

自分ができないことを私に要求する感じ。

「娘の愚痴は聞いてらんない

私の愚痴を聞いて一切誰にも言うな」ってのが一番つらかったですね。

 

私は母のごみ箱で、

箱がいっぱいになっても

どこにも捨てに行けない…(泣)

 

そんな風に思ってました。

 

 

それが母の個性を知って

一気に楽になりました。

 

母の愚痴は

ボヤキなんですよね。

だから聞き流してオッケー。

母は吐き出すことが目的で、そこに救いを求めていなかったんです。

そして気を許せる存在が「私」しかいなかったんです。

 

だから一所懸命にアドバイスをする私にキレるんです(笑)

 

わかってしまえば笑い話だけど

知らないとどこまでも誤解の闇の中へ・・・(怖)

 

知るまでは実家に帰るのが嫌で嫌で。

延々と人の悪口や愚痴を聞かないといけないし、

私が少しでも愚痴ろうもんなら

「私のほうが苦労してる!」という不幸自慢が始まるし(笑)。

 

母はMOONなので

とにかく話を聞いてもらいたいんですよね。

普段は相手軸で「世のため、人のため」が言動の根っこにあります。

 

娘(私)が唯一わがまま言える存在みたいなんですよね。

なので私への要求が大きくなりがちです。

 

話を全部聞いてほしいし、とにかく共感してほしいんです。

 

そして私はSUN(笑)

MOONの話が入りにくい(笑)

だって長いから。

 

分かっちゃうと笑える関係。

 

そしてわかったらできるんですよね。

以前よりは

母の話を聞く努力ができます。

SUNなので

途中で気が遠くなりがちですけど…。

 

お互いに楽になると

反応が優しくなってきます。

 

反応が優しくなると

言葉のチョイスにも現れますよね。

 

そうするとお互いに「イラッ!」としなくなります。

 

負のスパイラル(悪循環)が

正のスパイラル(とんとん拍子?)に変化します。

 

身近な人間関係が好転すると

見える世界が変化します!

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2020.05.29 Friday
  • 09:46
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM