変わり続けたい

  • 2020.07.06 Monday
  • 08:56


若い頃は

ブレない安定感が

欲しかったんだけど


今は柔軟に変化し続けたいと願ってます。


心身ともに自分自身の変化を

日々実感しているからかもしれません。


自分と向き合う事。


人に惑わされないこと。


目指す所は

みんなちょっとずつ違うはず。



だからこそ

自分の目標や目的、理想を

見失わない。



私の身近な目標は

家族との関係なんだよね。


だから家族との時間を大切にしたい。

これを削りすぎることは

出来ない(笑)


私のテーマは家族という

制約(笑)の中で

どれだけ自由になるか?


パートナーとの関係

子供との関係

親、兄弟との関係。


めんどくさいことも多いけど

私にとっての地盤。

地盤がぐらぐらした状態で

来たからしんどかったのかもしれないって

感じてるのね。



「子供ってお母さんとから家庭に安心感があると、外で頑張れるんだよ」

って聞いたことがあってね。


大人も一緒だよね。って思った。


すぐ母を比較として見てしまうんだけど💦

母っていつもキンキンしてるイメージで。


いつも何かに怒ってる。

これってね。

重心が定まってない感じがするんです。


ここにいていいよって言う

承認欲求が満たされていない。


母の愚痴は

それでいいよ。

正しいよ。って言葉を欲してる気がしてならないのです。


それは私からじゃなくて、

父である夫から

自身の父母や姉弟からの。


存在そのものを許される実感って

なかなかないよね。


根源的な欲求だと思う。

これを得た時にどうなるか?


それを見たいし

体験したいんだよね。


なんか抽象的な話になっちゃった💦


今日も元気にいってらっしゃい!


私も行ってきまーす!













引っかかりの少ない子ほど注意

  • 2020.07.05 Sunday
  • 23:06

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

引っかかりの少ない子って

手がかからないんです。

 

おとなしくて

そこそこ優秀。

どっちかというと品行方正。

 

大人から見て安心できる子供です。

 

心配な子どもに親の目は向けられるし

声掛けも多くなるし

ついつい構ってしまいます。

 

 

不出来な子ほどかわいい…っていう言葉もあるように

 

親が引っかかるということは

記憶にも残りやすいんですよね。

 

構うことも多いですし。

 

引っかかりが少ない子って

親も安心してるし

注意する必要もないから

構われることも少ないんですよね。

 

 

叱られることも少ないんだけど、褒められることも少なかったりします。

 

できて当たり前になっちゃうから。

 

 

もしお子さんが複数人いらっしゃって

いわゆる良い子ちゃんタイプと困ったちゃんタイプの両方いらっしゃる場合

多分困ったちゃんタイプのお子さんに時間を取られることが多いと思います。

 

ですが意識して良い子ちゃんタイプにも声掛けをしてあげてください。

 

手がかからないことを当たり前にしないで上げてください。

なんでもそつなくこなす努力を誉めてあげてください。

 

すごく喜びます。

 

わかってくれてる

見てくれてるって思えると

頑張れるんです。

 

小さい時に手のかからないお子さんは

お母さん思いなことが多いです。

 

甘えたい気持ちがあっても

お母さんやお父さんに遠慮してしまって

うまく甘えられないタイプの子供さんです。

 

手のかかるお子さんは

意識しなくても気になるから大丈夫なんですけど

 

手のかからないお子さんは

意識しないと気にかけられないんですよね。

放っておいても大丈夫という安心感があるから…。

 

でも子供なんで

同じように気にかけてほしいものですよね。

 

ちょっと意識してみてくださいね。

 

 

 

 

 

目標があるかどうか?で結果は違う

  • 2020.07.05 Sunday
  • 00:14

JUGEMテーマ:つぶやき。

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

目標を立てるのは

得意ではないです。

 

目標を立てても期日を設けてなくて

なかなかスタートできないままだったりもします。

 

小さな目標があったほうが

ハリはできるよね。

 

仕事でもなんでも

小さな目標があったほうがやりがいがあるし

達成感を味わえる。

 

目標を作るとそこに到達しようと

足りないところを埋めたいという

欲求が高まるんですよね。

 

結果にこだわりがないと

目標も少しボケるよね。

 

ピンぼけの目標よりは

ピントが合ってる目標を持ってる人のほうが

結果はやっぱりついてくるんじゃないかな。やっぱり。

 

結果がでてうれしくない人はいないはず。

 

日々を新鮮に楽しむために

ちょっとした目標を持つのもいいかもしれない。

 

 

追われるより追っかけよう(笑)

  • 2020.07.05 Sunday
  • 00:04

JUGEMテーマ:つぶやき。

仕事に追われるよりも

追っかけてみよう。

 

 

追われるとしんどい。

追いかけるほうが楽な気がする(笑)

 

仕事に追われてるときって

疲れが取れない。

 

追いかけてるときって

意外と疲れないんだよね。

 

追いつこうとするからかな?

 

目標に変わるのかな?

追いかけられるのって恐怖だよね。

追いつかれたらどうしよう?って。

 

どうせ急がないといけないモノならば

追いかけられるよりも

追いかけてみる!

 

発想の転換。

やってることは似てても気分が違う事。

 

色々あるよね。

あなたの印象は…

  • 2020.07.04 Saturday
  • 10:15

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

外から見たあなたの印象は

 

あなたがどういう言動をしているか?で作られていきます。

 

だって内面は見えないもの…。

 

内面の表出が言動でもあるんだけども。

 

もしね。

心のにあるものを素直に表現できていないなら…

残念だけど

伝わらないんだよね。

 

 

とても長いお付き合いの人には伝わっているかもしれないけれど…。

 

好意を持っていても

好意を示す言動がなければかなり伝わりにくい。

 

言動の中には

表情、声のトーン、しぐさ、目線

着ている服や持ち物などなど

いわゆる「見た目」も入ってきます。

 

第一印象は

「見た目」がとても大切です。

 

目からの情報が一番大きいですもん。

 

 

自分が好きな服装が

ほんとはこう見られたい自分

とは違う印象の服装だと…ね?

 

 

例えばかわいく見られたいのに

モノトーンでピシっ!とスーツだとね。

 

かっこいいけど

かわいい印象にはならないよね。

 

何が言いたいか?

わかってもらえない…

なんでだろう?って思ってるとしたら

 

わかりやすく表現すべき!ってことです。

 

優しい人に見られたいなら

優しい色味のものを身に着ける。

優しい言葉使い

優しい表情などなど

演出も必要!

 

 

かわいく見られたいなら

わかりやすく可愛い服装

メイク

かわいい小物使い

かわいい言葉使い

かわいい服装が無理なら

かわいい色使い

ぶりっこ(死語?)とかわいいはまた違う気がするけど…

 

 

どう見られたいか?があるなら

そうみられるように努力すること。

 

心に秘めているだけでは伝わらないんだよね。

きっとあなただってそうだと思うの。

 

全部を察することはできないし

心に秘めているものって見えないんだもん。

 

納得できる自分を目指す

  • 2020.07.04 Saturday
  • 09:52

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

理想とは別に

 

納得できる自分像を目指す。

 

理想は

大体高すぎる気がするの…。

 

納得できる自分像は

目指したら到達できるくらいのところ。

 

理想も必要だけど

理想のちょっと手前の

納得できる自分像。

 

 

「ありたい自分」が理想なら

「まぁまぁな自分」(笑)

 

まだ足りないけど

合格点に達してる自分。

 

「ありたい自分」を考えると

減点思考

こういうところが足りないよなぁ…

 

「まぁまぁな自分」は

加点思考

こういうところもあるよね…

 

両方必要だと思うんです。ほんとは。

 

 

意識しなくてもしてるのが減点思考。

意識しないとできないのが加点思考。

 

私の場合ですが…。

 

もしかしたら逆の人もいるかもしれませんね。

 

 

理想も必要だけど

理想にはなかなか到達できない(理想だから)

到達できるところにある目標もとても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幸福のカタチは人それぞれ

  • 2020.07.04 Saturday
  • 01:18

JUGEMテーマ:幸福に生きる

JUGEMテーマ:つぶやき。

 

幸福って条件じゃないと思う。

 

条件だけで言うなら

今の一般的な日本人はかなり幸せなはず。

 

衣食住

医療

義務教育

労働

消費

 

どの面でもかなり充実しているほうだと思う。

 

それでも幸福を感じている人は少ないんだよね。確か。

 

条件じゃないんだよね。

 

 

私は充足感かなぁって思ってます。

 

足りるを知る。

 

欲しいものは際限なく増えるんですよね。

生きていれば…。

 

だから

全部欲しいと思うと

いつまでも満たされない。

 

いつも何かが足りないと思ってしまう。

 

持っているものがたくさんあるのにも関わらず

足りないものに着目してしまう…。

 

 

足りないものではなく今持ち合わせているものに

満足する。

 

 

足りないものを探すんじゃなくて

足りていることを知る。

 

 

意外と幸せなんですよ。

 

幸せはすぐ隣にある

気が付かないだけで…

 

良く言われるフレーズのままに。

 

 

あなたが幸せって感じたら

幸せなんですもん。

 

誰かに「あなたは幸せです」って認定してもらわなくてもいいもんね。

 

 

案外早く幸せになれるかもよ(笑)

 

若いころを振り返って思うこと

  • 2020.07.03 Friday
  • 08:45

 

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

10代後半から30代も前半までは

ほんとに悩み多き時期でした。

 

今その年代の女性を見ると

悩まなくて大丈夫だよって言いたくなる。

 

 

その存在感だけで癒されるもん。

みんなキレイで可愛い。

 

周りをどんなに癒しているか?

無自覚なんだよね。

 

 

その年代の女性がいるだけで

その場が華やぐもん。

 

 

ファイト!

悩んでる姿ですらかわいい!

 

そう思えるのは

私がそこから大きく外れているから(笑)

 

70代になったら

50代もかわいいんだろうか?

 

 

そう考えると

知らない人からも好意的に見守られているのかも…って事?

 

 

意外と愛があふれてる美しい世界…?(o^―^o)

心地よいものを集める

  • 2020.07.03 Friday
  • 08:27

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

あなたにとって心地よいものって何ですか?

 

意外にちゃんと考えた事がない人が多いと思うんです。

 

一度考えてみてください。

 

小さなものからでいいんです。

 

心地よい肌触りの下着や部屋着、タオル

化粧品や筆、パフ

靴下、ストッキングなどなど

 

 

梅雨の時期って

湿気が多くて不快ですよね。

 

快よりも不快なことに敏感なときこそ

物理的で自分でどうにかできる「快」を増やしましょう。

 

それだけでも癒されます(o^―^o)ニコ

 

自己肯定感は自分で育てるモノ

  • 2020.07.03 Friday
  • 08:09

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

 

最近よく聞く自己肯定感は

人から与えられるモノではなく

自分で育てるものです。

 

だって「自己」でしょ?

 

どんなに周りの人があなたのことを

「信頼」していても

「愛」していても

 

あなたがそれに気づかなければ

あなたにとって意味を成しえません。

 

 

周りに対して「開く」ことが

大切です。

 

 

自己肯定感は自分を「開いて」

自分を「受け入れ」

周りも「受け入れる」ことで

育っていきます。

 

「閉じた」ままだと育ちません。

 

では「閉じた」状態はどういう状態なのか?

 

自分にも周りに対しても「信じる」ことができない状態です。

どうして信じられないか?

何かのきっかけで恐怖や怯えがある状態で、自分を守ろうとしているのだと思います。

 

守るためには

自分を閉じる必要がありますし

周りを信じることができない状態です。

 

誰にも起こりうることです。

なので、自己肯定感が低いという自覚を持っている人が多いのです。

 

 

でもね。

 

あなたを大切に思っている人は確実にいます。

その存在に気付くためには

「閉じてる」と気付けないんです。

 

少しずつでもいいので、

「開いて」みてください。

 

開くことで「光(信用・親愛)」を感じられるようになります。

 

少しでも感じることができたなら…

自己肯定感に変化が起こります。

 

 

少しでもいいので試してください!